発毛剤を使ったのに薄毛の改善効果なしだった人へ

ミノキシジルが効果なし

高血圧の薬として開発された成分、ミノキシジルは今は発毛剤としてよく使われています。ミノキシジルは血管を拡張する働きがあり、血流が改善されることにより発毛効果が期待できるのです。ミノキシジルは病院でも処方されるので、このミノキシジルを配合した発毛剤を使えばすぐに毛が生えてくるのではないかと思いました。ただ、発毛はそう簡単な話ではなく、私の場合はミノキシジル配合の発毛剤を使ってもまるで効果なしだったのです。詳しく調べてみると、ミノキシジルが効かない薄毛もあり、私は残念ながらミノキシジルでは改善できないタイプのようでした。当時の私は、生え際が後退してくるという男性で薄毛に悩む人の定番のパターンでしたが、これにはミノキシジルはあまり効果がありません。

抜け毛とDHT

抜け毛に関わっているとされているのが男性ホルモンのDHTですが、髪の毛の生え際はDHTの濃度が高いようです。また、ミノキシジルは発毛効果は確認されているものの、実はどのようなメカニズムで発毛するのかはよく分かっていません。DHTを抑える効果についても未知数なので、DHTが強力な髪の毛の生え際にはあまり効果がないわけです。私がミノキシジル配合の発毛剤を使った時にはこのような事実は知らず、発毛剤を使っておけばよいだろうと非常に楽観的に考えていて、それで失敗しました。

生活習慣などを変える必要が

薄毛の原因として真っ先に挙げられるのはDHTですが、どのような理由でDHTが猛威を振るうかは人によって違います。遺伝的な理由でDHTの影響を受けやすい、食生活に問題がある、ストレスに悩まされているなどが代表的な理由です。そのため、毛が薄くなった理由がはっきりしていないのに対策しようとすると、私のように失敗するでしょう。発毛剤はあくまで薄毛の改善方法の1つなので、食生活などの生活習慣なども変えないといけません。ミノキシジル配合の発毛剤は薄毛の改善の面で効果的ですが、それだけに頼らないように自分自身を変えましょう。